2016/12/01

菊池康平 athlete club 「16ヶ国でサッカー道場破り!」~チャレンジの末に見えたもの~☆OPEN!!

菊池康平 athlete club 「16ヶ国でサッカー道場破り!」~チャレンジの末に見えたもの~☆OPEN!!
http://athleteclub.net/kohei_kikuchi/



海外にチャレンジしたい方、海外に行きたいが不安がある方、海外プロサッカーリーグの実情を知りたい方、飛び込み営業のスキルを磨きたい方、セルフブランディングをしていきたい方、スポーツ業界で働きたい方など

【道場破りとは】
飛び込みで海外プロリーグの練習に混ざりプロ契約を目指すこと。そのプロセスは以下の通り。
①インターネットなどで、チャレンジしたい国のサッカーリーグのシーズンを調べて現地に乗り込む。(道場破りをスタートした2002年頃はあまり情報がネットでは出てこなく現地に乗り込んだが道場(練習場)が見つからないことやオフシーズンで練習をしていないことも多々あった。)
②歩いている方々から現地のリーグの情報を集めたり、その国の公園でやっているような草サッカーに乗り込み情報を集める。
③集めた情報を元にチームの練習場に赴き、練習参加してプロ契約を目指す。

【コンテンツ内容】
中学時代も高校時代も試合に出れるか出れないかの瀬戸際にいる様な選手だった。Jリーグなんて夢のまた夢だった。
コネもスキルも何も無かったが、ただプロサッカー選手になりたいという想いだけで海外へ出てみた。
大学生の時にアルバイトに励み5ヶ国の海外リーグへ飛び込みでアタックするもプロ契約に至らず。
大学卒業と同時にプロサッカー選手の夢を胸にしまい会社員となる。
しかし胸から夢が飛び出し、1年間に渡り会社を休職し、チャレンジ通算13ヶ国目のボリビアでプロ契約を果たす。

約束通り1年で復職し仕事に従事。そこから約6年おとなしく働いていたが、またチャレンジしたくなり通算で10年間在籍した会社を退職。
ラオスやカンボジア、インドに飛び込むも狂犬に襲われたりと様々なドラマも起こり、チャレンジは実を結ばず帰国し無職となる。

無職となり焦った自身は国内でも道場破りを行い、様々なメディアに出させて頂き、スポーツ関連の仕事も得て現在に至る。

【提供コンテンツ】
■【菊池康平】 が
・コネも何もない状態から、どの様にして海外にチャレンジを続けたのか?
・仕事をしながら夢を追うこと
・会社員をしながら、どうやって8ヶ国の練習に参加したのか
・帰国してからの話
・現在の仕事の話
・今までブログになど出していない海外挑戦での裏話

などを1.5か月に1回ほどオフ会を開きお話しさせて頂きます。
また、海外に挑戦希望の方(サッカー以外も含む)からの質問にはネット上でアドバイスさせて頂きます。ただしチームなどの紹介は出来ません。
実際に一緒にフットサルなどでボールを蹴るイベントも不定期にて実施。

このathlete clubに入会する



ウィンドサーフィン
格闘技
ゴルフ
サッカー
サッカージャーナリスト
柔道
スケートボード
スピードスケート
体操
タッチラグビー
ダブルダッチ
テニス
トライアスロン
トレーナー
総合格闘技
ハンググライダー
ハンドボール
バレーボール
ビーチサッカー
ピラティス
フィッシング
フィジカルディレクター
フィットネス
フットサル
フットバック
プロレス
ボーリング
メンタルコーチ
モータースポーツ
野球
ラート
ラクロス
ラグビー
レスリング
その他